住宅ローンの基礎知識、住宅ローンの借り方、住宅ローンの選び方

Image Replacement

住宅ローンの流れ

住宅ローンは、まず事前審査と呼ばれる審査の申し込みをすることから始まります。
希望の借り入れ金額を借りることが出来るという銀行側からの確約がとれた後で、購入したい物件と売買契約ができるのです。

事前審査では購入物件の担保価値と住宅ローンの借り入れ希望額の釣り合いが取れているか、また、ローン申込人はちゃんと収入があり返済できる人物かどうかを審査します。

事前審査が通り、売買契約が終わると、次は住宅ローンの本申し込みを行っていただきます。事前審査の申し込み内容と相違がなければ、本申し込みに対する銀行側の審査結果もすぐにでます。

本申し込み時には、印鑑証明書や住民票、課税証明書の原本といった公式書類が必要です。

本申し込みに対する銀行側の承認内容に基づいて、売買取引の決済1週間ほど前までに、住宅ローンの金銭消費貸借契約(金消)を行います。実際に借り入れしていただく期間、金利について決めていただくことになります。

金消は銀行窓口とは別に設置されている住宅ローンセンターというところで行う場合があります。この金消は、基本的には銀行が開いている平日しか行うことが出来ません。どうしても平日に休みが取れそうにない、という場合には休日でも手続きを行ってくれる住宅ローンセンターかどうかを確認されることをお勧めします。

また、金消日までに、今後住宅ローンの返済を行う銀行口座を開設しておかねばなりません。そして決済日当日、金消の契約内容に従って新しく作った口座に融資実行が行われます。
融資実行と同時に売主様に購入金額を支払うことになりますので、実際に大金を手にすることはありません。
通帳上に金額が記載されるだけです。

そして融資実行日の翌月から、住宅ローンの返済がはじまることになります。
以上が住宅ローンの主な流れになります。

住宅ローンを借りる前に
電力自由化切り替え比較
新電力比較まとめドットコム

このサイトについて

その他