住宅ローンの基礎知識、住宅ローンの借り方、住宅ローンの選び方

Image Replacement

リフォームローンと一括で利用する

中古物件の取引には、リフォーム費用というものが必要になってくる場合が多いです。
新築物件を買うより、中古物件をリフォームした方が安いということで、最近では一般的になってきました。

そのため、リフォーム費用を対象にしたローンを提供する銀行も多くなりました。

リフォームローンは、無担保なため、基本的には融資期間が10年から15年と短い設定になります。借り入れ期間が短いと、必然的に一回の返済金額が高額になってきますし、変動金利の場合が多く、ハイリスクなローンであるとも言えるのです。

すでにお住まい中の方がリフォームをする場合は上記のようなリフォームローンを利用することになりますが、これから購入する不動産をリフォームする場合の費用に関してはこの限りではありません。

たとえば、2500万円の中古マンションを購入して、500万円かけてリフォームしてから住もう、という場合です。

本来であれば、2500万円の住宅ローンを組み、別途500万円のリフォーム費用に手持ち金で支払ったり、500万円のリフォームローンを組んだり、という流れになります。けれども、ある民間銀行であれば、総額3000万円の物件を購入したものとみなして、3000万円の住宅ローンを借りることが出来る場合があります。

不動産売買契約時にリフォーム500万円の請負契約書が必要だったり、借り入れされる方の諸条件が設定されていたりと、いくつかの条件がありますが、普通に住宅ローンを利用できる方であればたいていはこのような形での住宅ローンを組むことができます。

これはリフォームした部分に関しても不動産の担保価値がある程度認められるようになったために出てきた、新しい住宅ローンの利用法の一つです。

リフォーム費用まで一本の住宅ローンとして借り入れることができることには、多くのメリットがあるのであげてみたいと思います。

1、住宅ローンとして借り入れた方が金利が安い
2、借り入れ期間が最長35年になり、月々の返済額が低額になる
3、借り入れ手数料もまとめて払えるので1回分で済む

以上のことから、これから中古物件を購入し、リフォームをしてから住みたい方にはまとめて住宅ローンにすることをお勧めします。

このサイトについて

その他