住宅ローンの基礎知識、住宅ローンの借り方、住宅ローンの選び方

Image Replacement

リフォームローンと住宅ローン控除

家を買って住宅ローンを組んだら、税金が一部帰ってくる、という住宅ローン控除については多くの不動産業者が喧伝しています。しかし、リフォーム費用についてもローンを組むと住宅ローン控除が利用できる、ということは意外と知られていないようです。

これは、住宅ローン控除の対象になるリフォーム工事内容が非常に細かく限定されていることと関係していると思われます。

控除対象となるリフォーム工事内容が限定されてはいますが、間取り変更や水周りを一新するような大規模な改修工事や増築工事をしようと考えている方の場合は、自己資金をどのように使って住宅ローンとリフォームローンを組むのか考えてみてください。

自己資金はあるけれども、すべて購入時に使い切ってしまうべきか、それともローンを一旦組んだ方がよいのか。

金利の高い無担保ローンでリフォーム費用をまかないたくない、手元にまったく現金がなくなってしまうのは不安という悩みもあるかと思います。

ローンを組めば、当然借り入れ時の手数料がかかり、利息が発生します。けれども、リフォームローンも窓口が柔軟になってきましたので、住宅ローンと同じくらいの低金利で借り入れることができます。

また、リフォーム費用の借り入れ部分についても住宅ローン控除が使える場合は、借り入れ手数料等を控除金額でまかなうことができる場合も考えられるのです。

つまり、無理をしてリフォーム費用を自己資金でまかなうことについて悩まれる前に、住宅ローン控除を利用できるリフォーム工事内容かどうか、検討されてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、現在お住まい中の持ち家を大規模改修、増築工事をしてローンの借り入れをされた場合も、前述している住宅ローン控除の対象になっています。リフォームの工事内容に、バリアフリー工事などが含まれる場合は、控除内容について選択出来る部分がありますのでご注意ください。

このサイトについて

その他