住宅ローンの基礎知識、住宅ローンの借り方、住宅ローンの選び方

Image Replacement

フラット35と保険

フラット35借り入れ時には火災保険と団体生命信用保険の二つを利用することになります。

火災保険に関しては、民間融資の利用時とほぼ同じで、借り入れ時に借り入れ期間相当数の火災保険の申し込みを行い、保険料の支払いも行います。

取り扱い機関によっては、火災保険期間とローン借り入れ機関が同じでなくても良い、という場合もありますが、保険料を少しでも少なくしたいという方には、掛け捨てで毎年火災保険をかけていくよりも、住宅ローンを組む際に一括で申込を行ってしまった方が保険料が割安になるので、借り入れ期間と同じ保険期間の申し込みをされることをお勧めします。

住宅ローンを返済途中に全額一括返済した場合は、火災保険料の一部が精算金として戻ってくることもあります。住宅ローンを一括返済された際には、火災保険をかけている保険会社への連絡もお忘れなく。

フラット35を利用する際に加入する団体生命信用保険に関しては、住宅金融支援機構指定の機構団信制度がありますので、ご利用ください。

団体生命信用保険は、主債務者が死亡したり、高度障害状態になったりして住宅ローンの返済が困難になった場合に、保険金によって住宅ローンを返済するための保険です。主債務者の方が働けない状態になっても、残された家族に住宅ローンを残すことなく、住まいを確保するための安全措置なのです。

団体生命信用保険の適用範囲について、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病についても保障を広げるタイプのものもあります。

ちなみに、民間融資の住宅ローンの場合は、団信の保険料は月々の金利の中に組み込まれているため、申し込み時に保険料や申し込み手数料といった費用は必要ありません。

フラット35の場合は、別途保険料の支払いが必要になります。毎年1回、指定口座に特約料と呼ばれる、団信の保険料をお支払いいただくことになりますので、ご注意下さい。

このサイトについて

その他