住宅ローンの基礎知識、住宅ローンの借り方、住宅ローンの選び方

Image Replacement

フラット35に向いている人

フラット35の魅力は、低金利で35年もの長期間の固定金利が利用できることです。

金利変動型ローンは金利上昇に伴うリスクに不安感を持たれている方にはお勧めです。

また、居住費を固定化してしまうことで、ライフプランをきちんと立てたい、という計画的な方にもフラット35がお勧めできます。

逆に、現在共働きで収入が多い方の場合はフラット35で金利を固定化してしまうのはもったいないでしょう。収入に余裕があるうちは、低金利を利用して繰上げ返済を行い、早いうちに返済を進めてしまう計画の方がお勧めです。

また、頭金が少ない、諸費用やリフォーム費用に関してもローンを検討しているという方の場合もフラット35は向きません。民間融資であれば、諸費用やリフォーム費用に関しても柔軟な対応で借り入れ可能ですが、フラット35の場合は対応自体が難しいと思われます。

余談ですが、フラット35はあくまで購入物件価格の8割までが融資上限であり、金利上昇リスクに対してリスクヘッジできるのも購入価格の8割までということができます。どうしても購入価格100%について、金利上昇リスクをヘッジしておきたいという心配性の方であれば、金利は高くなりますが購入物件価格の100%を融資してくれる民間融資の長期固定を選ばれる、という方法もあります。

このサイトについて

その他