住宅ローンの基礎知識、住宅ローンの借り方、住宅ローンの選び方

Image Replacement

入籍前に住宅ローンを組みたいカップル

結婚を機に、不動産購入をと考える方は多いと思います。

最近では、共働きの夫婦も増え、住宅も夫婦二人の名義で購入したいという場合や、ご夫婦のどちらかが連帯保証人になる場合、また、それぞれが住宅ローンを組む場合は簡単にはいかないのが現状です。


ましてや入籍前のカップルは、書類上は苗字も違いますし、住所も違いますので、人間関係の関連性を証明することができません。つまり、まったく赤の他人同士が住宅ローンを組むと思われてしまうのです。赤の他人同士では、もしかしたら購入後家に住まないかもしれないと判断されてしまいます。それでは、住宅ローン審査は通りません。

そのため、一般的な住宅ローンでは融資実行までに入籍を済ませることが審査を通す条件として提示されます。

どちらかの収入だけでローンが組めれば問題ないのですが、二人の収入を合わせるとなると、結婚して今後同居する証明が必要になり入籍が必須となるのです。

どうしても入籍前に審査を通したい場合はどうしたらよいのでしょうか。

入籍に変えて、婚約証明書、という書類を作成します。

夫婦になる予定のカップル双方のご両親に署名捺印を頂き、確かに二人が結婚することを証明したのです。また、ローン実行前に結婚式場の予約をしていただき、その書類も住宅ローン審査申込書として使いました。民間銀行の住宅ローンでしたが、それらの書類によって、実際の入籍前に住宅ローン審査を希望通り通すことができました。

このサイトについて

その他