住宅ローンの基礎知識、住宅ローンの借り方、住宅ローンの選び方

Image Replacement

購入物件の豊富さ

マイホーム購入は一生に一度の大きな買い物。そう思われる方も多いでしょう。

住宅ローンの選択肢が広がり、資金準備がしやすくなりましたが、建材費用の高騰、開発され尽くされた感のある宅地造成といった社会情勢から、今後はマンション、戸建ともに新築物件の数が減っていくだろうといわれています。また、今までのような新築物件が売り出されたとしても、価格付けは割高になり、手の届きにくいものとなることが予想されています。

新築物件の数は減りつつあるように感じますが中古物件の市場はますます規模を広げているといえるでしょう。これまで市場にストックされた不動産が、団塊世代の退職や世代間交代に合わせて中古としてますますたくさん流通しはじめることも予想されます。

政策的にも、壊しては新しく作るという古い考え方を見直し、不動産の中古市場形成を後押しする気配が強く感じられるようになりました。

また、リフォームを加えて不動産の価値を変化させるリノベーション物件という新しい物件が生まれています。さらに、借地借家法の改正、整備に合わせて、定期借地、定期借家物件という新しい不動産の形が定着しつつあります。

これは購入=所有権という概念を打ち壊した物件です。もちろん、定期借地、定期借家物件に対応する住宅ローンも合わせて登場しています。

今までにない不動産市場、新しい物件種別の増加。購入物件の種類はむしろ豊富になっているといえるのではないでしょうか。

ほしいと思った物件が見つかったとき、それは買い時です。そして、不動産の買い時とはすなわち住宅ローンの借り時ではないでしょうか。

このサイトについて

その他